• ホーム
  • カンジダは性交経験は関係なく誰でも発症する可能性がある症状です

カンジダは性交経験は関係なく誰でも発症する可能性がある症状です

心配している女性

カンジダは腟の内部にあり、健康な人の場合は無症状が多いです。腟カンジダ症になると腟や外陰部などにおいてムズムズしたりかゆみが起こります。症状が酷くなると白いカッテージチーズや酒かすのようなおりものが現れたり、発酵臭を発生することもあります。基本的にカンジダは性交経験が関係しておらず、誰でも発症するリスクのある症状です。原因の多くは性交渉というより免疫低下になり、この感染症は免疫力が低下すると多く発症する仕組みです。健康的な身体の場合腟内の乳酸桿菌と呼ばれている常在菌が膣の内部を弱酸性に維持していて、カンジダや雑菌などの繁殖を抑制することができます。しかし疲れやストレスなどが溜まってきたり、免疫力が下がると、急激にカンジダが増加してしまい不快なかゆみやおりものの異常、ニオイなどを発生することになります。便秘の人の場合腸内においてカンジダが増加しやすいので、後ろから前に拭かないよう注意しましょう。蒸れやすい下着を着用しているとカンジダが繁殖しやすくなるので注意が必要です。ステロイド剤を使っていたり風邪を引いた際、抗生物質などの内服により発症するケースもあるでしょう。

性行為でうつる場合性行為の数日後に何かしらの症状が発生することが多いです。かゆみなどの症状を感じたら、医師に相談することをおすすめします。この場合パートナーも感染している可能性があり、検査したり一緒に治療しなければいけません。軽度のものだと生理が来る経血と一緒にカンジダが流されて治るということもあるでしょう。かゆみが長引いたり白いおりものが出たら、抗真菌剤などのカビを除去する医薬品を利用することが可能です。腟内に挿入したり塗り薬などで治療することができ、気になったら我慢せず医師に相談することが大切です。デリケートな部位になるので病院の受診をためらう人も多いですが、早期発見・早期治療が重要です。パートナーがいるなら保菌者というケースもあるので注意しましょう。男性の場合自覚症状があまりないので、女性の方が治療しているのになかなか治らない時は一緒に検査をしたり治療を受けることをおすすめします。

カンジダは性交経験の有無ではなく、誰でも発症するリスクがある病気です。再発を繰り返すこともあるので、日頃からのケアが必要になります。蒸れにくい下着をつけたり、かゆみなどの症状を感じたらクリームなどを使ってすぐに対処することで症状を改善することが可能です。

関連記事
性感染症はクラミジアやHPVなどよく知られている症状でも20種類くらいある 2020年05月13日

性感染症にはいろいろな種類があり、一般的なものとして20種類くらいがあります。中には感染率の高いものもあり、例えばHPV(ヒトパピローマウイルス)の場合子宮に感染するもので、10人に1人が感染していると言われています。感染したとしても自然に治ったり、女性の半分以上は感染するとされているウイルスです。...

HIV感染をすると口腔カンジダ症などの症状も発症しやすくなる 2020年03月09日

口腔カンジダ症はHIV感染者にとって頻度の高い疾患で、しばしばHIV感染者では初発症状になることが多いです。HIV感染症と合併するような口腔カンジダ症には、偽膜性カンジダ症や紅斑性カンジダ症、口角口唇炎などがあります。偽膜性カンジダ症の場合、除去することができる白色のクリーム状プラークがあり、口腔咽...

カンジダのセルフチェックは医薬品メーカーの公式サイトを活用してみよう 2020年02月08日

新生活が始まると疲れやストレスなどが溜まってくる季節で、気候が徐々に暖かくなったり湿度が上がり始めていきます。疲れやストレスなどによって免疫力が低下したり、高温・多湿な環境になると、この感染症の菌が異常増殖することが多いです。そのため膣カンジダを発症するケースがあり、季節の変わり目には注意が必要です...

カーネステンクリームの使い方は1日に2~3回患部に塗るだけと簡単 2020年01月25日

カーネステンクリームはカンジダ治療薬として有名で、別名エンペシドクリームとも呼ばれています。カンジダの治療薬に使う場合、クリームタイプと膣錠を利用することが可能です。クリームタイプは患部に塗って使用するもので、膣錠タイプと併用することも多いでしょう。膣錠とクリームタイプの両方を使うことによって、効果...

HIVに感染すると発熱や喉の痛みなどインフルエンザに似た症状が現れることがある 2020年03月25日

HIVに感染すると、発熱や喉の痛みといったインフルエンザによく似た症状が現れるケースがあります。HIV感染源として精液や膣分泌液、血液や母乳などが対象です。主な感染経路として性行為による感染や血液を介したもの、母子感染などになります。HIVを含んでいる精液や膣分泌液・血液が性行為により、パートナーの...