• ホーム
  • カーネステンクリームの使い方は1日に2~3回患部に塗るだけと簡単

カーネステンクリームの使い方は1日に2~3回患部に塗るだけと簡単

心配している女性

カーネステンクリームはカンジダ治療薬として有名で、別名エンペシドクリームとも呼ばれています。カンジダの治療薬に使う場合、クリームタイプと膣錠を利用することが可能です。クリームタイプは患部に塗って使用するもので、膣錠タイプと併用することも多いでしょう。膣錠とクリームタイプの両方を使うことによって、効果を高めることができます。

カーネステンは主成分のクロトリマゾールを使っており、クロトリマゾールはカンジダに対し高い効果を発揮しながら身体にも優しい成分です。カンジダが発症するのは膣とその周辺になるので、女性にとってデリケートな部位ということを考えると治療薬に最適とも言えるでしょう。カーネステンクリームがカンジダに対して作用する仕組みとして、病気の原因になっているものがカビの真菌の一種でこの真菌増殖を阻害したり、除去することが可能です。

カーネステンは抗真菌薬に区分されていて、使い方について1日2~3回患部に塗るだけなので簡単です。クリームタイプは塗るだけで、他の塗り薬と同じような使い方でも大丈夫です。但し、塗る部位が膣の周辺部になるので、厚塗りすると下着を汚すかもしれないので注意しましょう。カーネステンクリームタイプの場合、薄く広げるようなやり方で十分効果を得ることができるので厚く塗る必要がありません。クリームタイプを使用する際、膣の周辺部や手は清潔にしておきましょう。もともと常在菌で身体に存在している菌になり、異常に菌が増殖したため発症する病気になるので治療として真菌を減らす仕組みです。

膣錠の場合座薬のように膣に挿入し使用することができ、挿入する際患部が不潔だと悪化を招くかもしれないので清潔にしておきましょう。手の雑菌などが膣内に入り込むと困るので、手を洗っておいたりビニル手袋を着用して雑菌が膣に入るのを予防することが大切です。カンジダを発症している場合、膣がもともと持っている自浄作用について低下しているということになります。他の雑菌から膣を保護するため、きちんとルールに従った使い方が必要です。膣錠はできるだけ奥の方に挿入すると効果的で、薬液がたれてくることもあるので使用するのは就寝する前が良いでしょう。クリームタイプもお風呂から上がった就寝前に塗る人が多いです。膣錠の場合は薬液がそれほど目立たないようになっていますが、使用した時おりものシートや生理用ショーツなどを着用することをおすすめします。

関連記事
性感染症は疾患によって生殖器がんなどの合併症を引き起こす可能性があります 2020年06月21日

性感染症は疾患によって、生殖器がんといった合併症などを引き起こすリスクがあるので注意が必要です。性感染症は無症状だったり、比較的軽い症状に留まることが多いのでついつい治療を怠りやすくなります。男女でも症状に違いがあり、性感染症は自覚症状がないことが多いので、感染していることに気付かないこともあるでし...

性感染症はクラミジアやHPVなどよく知られている症状でも20種類くらいある 2020年05月13日

性感染症にはいろいろな種類があり、一般的なものとして20種類くらいがあります。中には感染率の高いものもあり、例えばHPV(ヒトパピローマウイルス)の場合子宮に感染するもので、10人に1人が感染していると言われています。感染したとしても自然に治ったり、女性の半分以上は感染するとされているウイルスです。...

HIV感染をすると口腔カンジダ症などの症状も発症しやすくなる 2020年03月09日

口腔カンジダ症はHIV感染者にとって頻度の高い疾患で、しばしばHIV感染者では初発症状になることが多いです。HIV感染症と合併するような口腔カンジダ症には、偽膜性カンジダ症や紅斑性カンジダ症、口角口唇炎などがあります。偽膜性カンジダ症の場合、除去することができる白色のクリーム状プラークがあり、口腔咽...

カンジダは性交経験は関係なく誰でも発症する可能性がある症状です 2020年02月23日

カンジダは腟の内部にあり、健康な人の場合は無症状が多いです。腟カンジダ症になると腟や外陰部などにおいてムズムズしたりかゆみが起こります。症状が酷くなると白いカッテージチーズや酒かすのようなおりものが現れたり、発酵臭を発生することもあります。基本的にカンジダは性交経験が関係しておらず、誰でも発症するリ...

カンジダのセルフチェックは医薬品メーカーの公式サイトを活用してみよう 2020年02月08日

新生活が始まると疲れやストレスなどが溜まってくる季節で、気候が徐々に暖かくなったり湿度が上がり始めていきます。疲れやストレスなどによって免疫力が低下したり、高温・多湿な環境になると、この感染症の菌が異常増殖することが多いです。そのため膣カンジダを発症するケースがあり、季節の変わり目には注意が必要です...